K Kerope

K KEROPEシリーズのシリーズ名の由来は、1800年代に活躍、のちのZildjian社発展に多大な貢献をしたKジルジャンのイニシャルにもなっているKerope Zildjian氏への尊敬の思いが込められています。
ZildjianシンバルハイエンドモデルであるK Familyの新たなシリーズとなるKeropeシリーズは独自の生産手法にて製造されており、一部にハンドハンマリング処理を施すなど実に14工程にも及ぶ製造工程を得て生産されております。
K ケロップシリーズの18"、19"、20"、22"につきましては、既存の商品と違いクラッシュシンバル、ライドシンバルといったカテゴリーはございません。18"以上のサイズはライド、クラッシュ両方の要素を兼ね備えたモデルになります。
K Keropeシリーズは"Play it as you like!!" ドラマーの可能性を無限大に広げるクオリティをもったシリーズです。